会員紹介

イシカワノアサトレモンプロジェクト

石川の朝とれもんプロジェクト

自然、歴史、文化に立脚したまちづくりをすすめる

環境への負荷を少なくし資源循環型社会をつくる

次代を担う子供たちの可能性を引き出す環境をつくる

誰もが生涯にわたって学び活躍できる社会風土をつくる

文化や産業に革新的イノベーションが起きる仕組みをつくる


SDGsの達成に向けて実践している具体的な取組

石川中央魚市株式会社とJFいしかわのパートナーシップにより、「朝セリ事業」を行っております。コンセプトは“その日に獲れたおいしさをその日のうちに”です。朝セリの対象魚は石川県産で過剰漁獲を抑える定置網が主体です。県内産のため、市場までの移動距離も短く、フードマイレージ削減になり、地産地消ができるのも魅力です。また、セリの開始時刻は午前8時30分で、本来の午前3時30分のセリに出せず翌日に持ち越しになっていた魚を、保管に要するエネルギーをかけずにその日のうちに出荷できるようになりました。


IMAGINE KANAZAWA 2030 パートナーズでチャレンジしたいこと

県内でその日の早朝に水揚げされる「石川の朝とれもん」の地産地消を広く進めて行きたいです。この取組みが広がることで新鮮さのお届けはもちろんのこと、フードマイレージや保管エネルギーの軽減につながります。地域のみなさんに持続可能で美味しい水産物をお届けするために、色々なタイアップが出来ればと思っています。

pagetotop